人に、地球に、やさしい天然素材「BAMLEE」総合カタログのご請求・お問い合わせはこちらから いろいろな使い方 実例集 プレスリリース BANLEE 製品のご紹介 おにぎり応援委員会 よくあるご質問 株式会社松本

会社情報 株式会社松本は、竹の皮食品容器のパイオニアです。 BAMLEE製品は、環境にやさしい、時代の先端を行く最高品質ブランドです。 BAMLEEの輪は、人々を豊かに守る、世界に広がってゆく輪です。

ごあいさつ

竹皮をさらに進化、より使い易く

当社は竹皮を取扱い100年余りとなります。
私たちの国日本では、遠く昔は鎌倉時代から食品を包む、運ぶ為に「竹皮」が使われて来ました。
スーパーマーケットが台頭し、ほとんどのパッケージがプラスチックに変わるまでは、竹皮は食品包材として広く使われており、おにぎり、ちまき、肉等においては、現在も使用されています。
一枚の竹皮が、蒸す、温める、冷凍、通気性、抗菌等の多くの機能を持っており、人工のものでは叶えられない天然ならではのすばらしい素材です。
当社はその素材を使い、更に使いやすくデザイン性のあるオリジナルの竹皮容器の製造を行い、現在では日本各地の駅弁、菓子容器として広く使っていただいています。
そして現在も更に竹皮容器を進化させた容器の開発を進めているところです。
天然素材の良さを皆様にお伝えし、活用方法を知っていただく事は、私たちの大きな役割だと考えています。

当社の理想は、「他社とは競争しないビジネス」であり、紙容器、プラ容器もオリジナル容器として商品化するなど商品開発に力を入れています。
又近年は、行政及び福祉施設と連携して放置竹林の整備を行い、その竹林で間伐した竹を粉砕して、乳酸発酵させ、土壌改良剤としての「竹パウダー」の製造販売を開始いたしました。
竹皮、竹の活用事業を積極的に推し進めたいと思っています。
「環境」と「福祉」をテーマに常に共創出来る会社であり続けたいと思っています。

代表取締役社長 松本彰

〔天空の城 備中松山城〕

代表取締役副社長 BAMLEE事業部本部長 松本 彰

代表取締役社長
松本 彰

㈱松本岡山本社

㈱松本岡山本社


会社概要

商号 株式会社 松本
本社所在地 〒716-0061
岡山県高梁市落合町阿部3131番
TEL 0866-22-5511  FAX 0866-22-5512
本部 〒244-0842
神奈川県横浜市栄区飯島町424-35
TEL 045-895-2887  FAX 045-895-2884
天津松本包装制品
有限公司
(中国現地法人)

TEL 86-22-29538898  FAX 86-22-29538858
USA Office 3616 delancey lane, concord, ca 94519-2357, u.s.a.
TEL 925-687-2422  FAX 925-687-5279
創業 1954年3月
設立 1989年1月8日
資本金 1000万円
決算期 6月
役員 代表取締役社長 松本 彰
専務取締役 松本 優
常務取締役 松本 大祐
常務取締役 松本 聡
取締役 松本 初美
執行役員 楢山健郎
執行役員 武村 徹夫
監査役 佐々木 久美子
技術顧問 奥平有三(工学博士)
・元パナソニック電工㈱バイオ研究所エコマテリアル室長
・中国 浙江林業学院大学 客員教授
営業内容
食品容器・包装用資材及び包装機械の販売
折箱製造販売
農産・水産加工食品販売
冠婚葬祭、その他祝事に関する贈答品の販売
日用雑貨品の販売

沿革

昭和29年 3月
岡山県高梁市において竹の皮の製造・販売業として創業
昭和33年 4月
岡山県全域の主要精肉店での竹の皮の取引開始
昭和63年 1月
株式会社松本に改組、食品包装商品を全般に取り扱う
平成7年 5月
中国との貿易を開始
平成10年 10月
当社オリジナル製品1号となる竹皮容器の国内販売を開始する
平成13年 1月
竹皮容器がJR東海駅弁「21世紀出陣弁当」の容器として人気を呼ぶ
 
テレビ、新聞などのメディアに広く紹介され、天然素材駅弁容器として普及の口火を切る
     11月
中国天津において「天津松本包装制品有限公司」を設立
平成16年 3月
国内製造木製品の発売
平成17年 7月
ナチュパック事業本部(横浜)を新設、自然素材製品開発に本格進出
平成19年 1月
竹皮柄の特殊紙による竹皮紙容器を開発し、発売
9月
バンリの新しいロゴマークを開発、新CI活動を開始
平成20年 10月
USAオフィス(カルフォルニア)を新設。アメリカに本格進出開始
平成21年 1月
ナチュパック事業本部をBAMLEE事業本部に変更
平成22年 1月
本社BAMLEE事業部を移転
1月
紙容器ブランド「エピエ」を起ち上げる
1月
ワンタッチ加熱調理対応器ワンプラ折を開発し発表。特許を取得
7月
本社を高倉町に移転
平成23年 7月
BAMLEE事業本部(横浜)を本部に変更
平成23年 10月
竹の粉ビジネスを開始
平成24年 1月
樹脂ブランド「レジナ」を立ち上げる
平成26年 1月
プラスダレ容器の発売を開始
平成26年 5月
経営革新事業に承認される
平成27年 2月
本社を阿部に移転
平成27年 10月
岡山県地域資源活用事業に認定される
平成28年 3月
土壌改良剤「超微粒子乳酸菌入り竹パウダー」の製造・販売を開始
平成29年 3月
「竹活用事業」が内閣府の地方創生事業に採択される